ヨーロッパ株式市況

市場
(指数)
終値 日付(現地日付)
イギリス
(FTSE100)
7,323.98
-63.89
2017/08/18
ドイツ
(DAX30)
12,165.19
-38.27
2017/08/18
フランス
(CAC40)
5,114.15
-32.70
2017/08/18

本日のロンドン市況

◇ロンドン株18日 続落 63.89ポイント安で終了 リスク回避の売り広がる
18日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落した。前日終値に比べ63.89ポイント安の7323.98で引けた。世界的に株安傾向となる中、幅広い銘柄が売られ、構成銘柄の9割が下落した。トランプ米政権の先行き不透明感が相場の重荷となる中、前日夕に発生したスペインのテロ事件も投資家心理を冷やした。投資家のリスク回避姿勢が強まり、週末を控えて運用リスクを圧縮する動きが広がった。
 テロ事件の影響が懸念され航空株や旅行関連株が下落した。スペインのイベリア航空を傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループが安かったほか、インターコンチネンタル・ホテルズ・グループや旅行のTUIなども下げた。
 景気動向に左右されにくいとされる医薬品株やたばこ株の売りも膨らんだ。なかでもシャイアーの下げが目立った。
 前日に引き続き銀行株も売られた。個別銘柄ではブックメーカー(賭け屋)のパディパワー・ベットフェアが安かったほか、英広告大手のWPPグループが下落した。それぞれアナリストが予想株価などを引き下げた。
 半面、金価格の上昇を背景に関連のランドゴールド・リソーシズが買われた。害虫駆除のレントキル・イニシャルと製紙のモンディ、RSAインシュアランス・グループも上げた。いずれもアナリストが株式評価を引き上げた。

提供:日経QUICKニュース社 ロンドン