ヨーロッパ株式市況

市場
(指数)
終値 日付(現地日付)
イギリス
(FTSE100)
7,026.99
-27.61
2018/10/18
ドイツ
(DAX30)
11,589.21
-125.82
2018/10/18
フランス
(CAC40)
5,116.79
-28.16
2018/10/18

本日のロンドン市況

◇ロンドン株18日 続落 資源株と金融株が安い
18日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落した。前日17日の終値に比べ27.61ポイント安の7026.99で引けた。構成銘柄の半数以上が下落した。日中を通して方向感の定まらない展開だった。資源株と金融株の値下がりが株価指数を押し下げた。
 銅と石油の価格安を受けて、資源株が売られた。アントファガスタの下げが大きくなった。建設資材のCRHは大幅安。ドイツの同業ハイデルベルクセメントが通期の利益見通しを引き下げたことが嫌気された。金融株も下がった。
 食品・日用品のユニリーバも売られたが、下げ幅は徐々に縮まった。第3四半期の売上高は増えたが、市況環境が悪化すれば悪影響を受けると懸念された。自動車・航空部品のスミス・グループと航空・防衛のBAEシステムズはともに配当権利落ちで売られた。
 半面、医薬品株は買われた。スイスの同業ノバルティスが2018年の売上高見通しを引き上げたことが好感された。シャイアーは、武田薬品工業による買収について日本の公正取引委員会から承認を得たことも買い材料となった。オンラインのゲーム収入が大幅に増えたギャンブル事業のGVCホールディングスも上がった。教育事業のピアソンは前日に引き続き大幅高となった。

提供:日経QUICKニュース社 ロンドン