東証株式市況

2017/04/28

現在値
日経平均株価 19,196.74 (*大引)
-55.13
TOPIX 1,531.80 (15:00)
-4.87
売買高概算(万株)
第一部 199,653 (15:02)
第二部 13,228 (15:02)

マーケット概況

2017/04/28 15:22

<NQN>◇東証大引け 続落、週末で手じまい売り 好収益期待の買いが支え
 28日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。終値は前日比55円13銭(0.29%)安の1万9196円74銭だった。週末を前に国内投資家による持ち高調整の売りに押された。米国の経済指標の発表を控え、海外投資家からも手じまい売りが出た。一方、良好な収益見通しを発表した銘柄などに買いが入り、下値は堅かった。

 JPX日経インデックス400は続落し、前日比55.90ポイント(0.41%)の安1万3691.54だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、4.87ポイント(0.32%)安の1531.80だった。

 米国では28日に暫定予算の期限切れを迎える。つなぎの予算や新たな暫定予算が成立しなければ一部政府機関が閉鎖される。米政権と議会の調整に不透明感が強く、相場の重荷として意識された。ただ、国内では企業の決算発表が相次いでおり、今期見通しに期待の持てる企業に買いが広がった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5460億円。売買高は19億9653万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1236と全体の61%を占めた。値上がりは697、変わらずは83銘柄だった。

 今期見通しが市場予想にとどかなかったアドテストやオムロンが大幅安。東エレクや信越化も下落した。東芝を巡り損失を計上する可能性があると伝わった三井住友トラが下げ、三菱UFJなども売られた。野村や東京海上も安かった。

 一方、今期増配を発表したNTTドコモが上昇。KDDIやソフトバンクも上げた。今期営業利益が過去最高になるとの見通しを示したアルプスが買われた。大林組など建設株も堅調。新型ゲーム機「ニンテンドー スイッチ」の販売が好調な任天堂が反発した。

 東証2部株価指数は反落。シャープやDACHDが下げた。一方、ASTIや朝日インテクが上げた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕